SOKENDAI Freshman Course

総研大フレッシュマンコース 

 The Freshman Course is an online course, specially designed for newly-enrolled students of SOKENDAI. This course has two objectives: (1) To acquire basic knowledge and skills required for all researchers; and, (2) To understand the SOKENDAI’s broad range of intellectual fields, and create a network beyond your research field. The course consists of three main sessions: “Exploring Diversity in Academia (EDA)," "Researchers and Society," and "Communicating Skills for Researchers."


フレッシュマンコース(FC)は、主に新入生を対象としたオンライン講義です。このコースでは、次の2つのことを主な目的とします。 第一に、研究者を目指すすべての人が身につけるべき技術・考えるべき問題を学ぶこと。第二に、総研大ならではの知的広がりに触れる中で、異なる分野の人とのつながりを築くこと。本コースは、「アカデミア探訪」、「研究者と社会」、「研究者のための”伝える”技術」の3つのセッションから構成されています。

 

backimage01.png

Schedules & Registration 日程&登録

(E) English course *Registration Closed*
Tuesday, 30th March 〜 Friday, 2th April, 2021

 

Registration Form (Deadline: Monday, 15th March)

https://forms.gle/rYdDiFLgzeGnvptE6

(J) 日本語 Japanese course *Registration Closed*
2021年4月6日(火)(入学式後) 〜 2020年4月9日(金)

登録フォーム(3月15日月曜日 〆切)
https://forms.gle/vxKPNvDuPwzDL5Tn6

Both English and Japanese courses have the same content. They will be held online (via zoom), and the real-time participation is required to earn credits.  Select either English or Japanese course according to your language preference, and register to the one course.

英語及び日本語の授業内容は同じです。両コースともzoomで開講し、単位取得には全ての授業への参加が必要です。英語もしくは日本語、どちらかのコースのみに申込をお願いします。


(E) English course is mainly for the new students enrolled in AY2020 (and the current students who have not registered the course before and wish to take it in English), and (J) Japanese course is for the new students enrolled in April 2021 (and the current students who have not registered the course before and wish to take it in Japanese). Another English course will be available in October 2021 for those enrolling in April 2020 but wish to take the course in English.

(E) 英語コースは2020年度新入生(及びフレッシュマンコースが未履修で英語での履修を希望する在学生)、 (J)日本語コースは、 2021年4月の新入生(及びフレッシュマンコースが未履修で日本語での履修を希望する在学生)を主な対象としています。2021年4月の新入生で英語での受講を希望する方は、2021年度10月に開催予定の英語コースを受講してください。

コンクリート

Course Outline 概要

フレッシュマンコース概念図2020eng.png

This course consists of three sessions: “Exploring Diversity in Academia (EDA)," "Researchers and Society", and "Communicating Skills for Researchers". The "EDA" will provide you with an opportunity to learn the diversity and commonality of research activities conducted at SOKENDAI and affiliated Inter-University Research Institutes. You will be able to have the image of your new research life at SOKENDAI, while interacting with peer students and faculty members from different fields/departments. In "Researchers and Society", we will learn and discuss the responsibilities of researchers in society through workshops and lectures. In "Communicating Skills for Researchers," writing and presentation skills necessary for researchers will be introduced through lectures and exercises.

本コースは、「アカデミア探訪」、「研究者と社会」、「研究者のための"伝える"技術」の3つのセッションから構成されています。「アカデミア探訪」では、総研大とその基盤機関で行われている研究活動の多様性と共通性に触れ、これから始まる研究生活のイメージを膨らませるとともに、異分野の学生・教員との交流を深めます。「研究者と社会」では、ワークショップおよび講義を通じて、研究者の社会における責任について学び、討論します。「研究者のための“伝える”技術」では、講義と演習で、研究者に必要となるライティングやプレゼンテーションの技術を学びます。

Exploring Diversity in Academia (EDA)

アカデミア探訪

At SOKENDAI and the research institutes, research is conducted through a variety of methods, taking the advantage of the abundant research materials and facilities. Research methods and subjects do expand and deepen as research progresses, and that often promotes the interdisciplinary research and achievement. Your research may also develop into an unexpected collaborative research and open up a new field.

総研大とその基盤機関では、豊富な研究材料と設備を活かし、さまざまな手法を駆使した研究が展開されています。研究の手法や対象は、研究の進展とともに広がりや深まりをみせ、研究分野の融合もしばしば起こります。あなたの研究テーマが将来、意外な共同研究に発展し、新しい分野を開拓するかもしれません。

sokendai_1_rev_edited.jpg
sokendai_2.jpg

Researchers and Society

研究者と社会

In today's society, researchers are required to have a high level of expertise and to be responsive to society. In particular, research misconduct has become a major social issue in recent years, and the need for researchers to be aware of appropriate ethical standards has increased. In this session, we will not only teach the ethical norms that researchers should follow, but also deepen the understanding of the relationship between research and society, which is the background of the ethical norms, and aim to cultivate the ability to understand the ethical norms necessary for researchers to play a desirable role in society and for the healthy functioning of the research community. To this end, we have developed the "Researcher and the Community of Researchers. For this purpose, workshops and lectures will be held based on representative topics related to "researchers and society.

現代社会において、研究者は高度な専門性と共に社会への対応が求められています。とりわけ、近年は研究不正が大きな社会問題となり、研究者がふさわしい倫理規範をわきまえている事の必要性が高まっています。本セッションでは、単に研究者が従うべき倫理規範を教えるだけではなく、その背景となる研究と社会との関係についての理解を深めたうえで、研究者が社会において望ましい役割を果たし、研究者のコミュニティが健全に機能するために必要な倫理規範を洞察する能力の涵養を目指します。そのために、「研究者と社会」に関わる代表的な話題を踏まえたワークショップと講義を実施します。

Communication Skills for Researchers

研究者のための"伝える"技術

One of the most important actions for researchers is to communicate their opinions to others in a clear and effective manner. This is one of the most important acts for researchers. There are two main ways of communicating opinions: writing and speaking (presentation). These are skills that can be greatly improved by learning them. In this course, students will first understand the structure of writing, and then learn the basics of "writing" through practical exercises to read and improve written materials objectively. In the following "Presentation," students will learn how to communicate what they want to say to as large an audience as possible and how to get feedback easily.

研究者にとって他者に自分の意見を解りやすく効果的に伝えることは、最も重要な行為のひとつです。この行為の善し悪しは、研究の進展やキャリアを左右することもままあります。意見を伝える方法には、主に書くこと(ライティング)と話すこと(プレゼンテーション)があります。これらは、スキルを学ぶことで格段に上達します。そこで本コースでは、まず文章の成り立ちの理解をしたうえで、実習を通して書かれたものを客観的に読み・推敲する「ライティング」の基礎を学びます。続く「プレゼンテーション」では、「伝えたいこと」をできるだけ多くの聴衆に伝え、フィードバックが得られやすくするための方法論を学びます。

sokendai_3_rev_edited_2.jpg
コンクリート
takashi_nagata.png

A Message from the Director

   For those of you who entered the university in 2020, and also those who are starting in April 2021, I am certain that you are striving every day for your respective research, while fighting against such  restrictions and anxieties caused by the COVID-19.

 

   The Freshman Course is a unique program at SOKENDAI that aims to provide students with the basic knowledge and literacy that they need to acquire as researchers. It is also an opportunity for the students to learn about the breadth of academia through interactions with peer students and researchers coming from different fields. In the past, the Freshman Course was held at our Hayama campus; however, amid COVID-19, in 2020 and 2021, we decided to have it online in consideration of the safety of our students who are working at campuses across Japan.

 

   The COVID-19 crisis can be an opportunity for us to rethink the way of life and the way of thinking that we used to take for granted. Becoming a powerful researcher in the post-corona era, you are expected not only to be a master of your specialized field, but also to have the skills to solve problems from a broader perspective. The new knowledge, different perspectives, and networks with colleagues all acquired in the Freshman Course are a solid asset for your future. While work on classes actively and seriously, do not forget to enjoy the course as well.

 

   I look forward to seeing you all online at the beginning of the course.

Takashi Nagata, Ph.D.

Director, The Center for Educational Development

Executive Vice President, SOKENDAI

フレッシュマンコースを受講する皆さんへ

2020年に入学された皆さん,2021年4月に新しく入学される皆さんは,コロナ禍による様々な制約や不安と闘いながら,それぞれの専門分野で日々研鑽を積まれていることと思います。

フレッシュマンコースは,研究者として身につけるべき基礎的な知識やリテラシーを習得し,異分野交流を通じて学問の広がりを知ることを目的とした,総研大独自のプログラムです。これまでは,葉山キャンパスに全員が集い,合宿形式で実施していましたが,2020年度と2021年度は全国のキャンパスで活動している皆さんの安全を第一に考え,オンラインで開催することとしました。

今回のコロナ禍は,これまで当たり前だと思っていた生活様式や人々の考え方を大きく見直す契機となっています。ポストコロナ時代に活躍する皆さんには,専門分野を極めるだけでなく,より広い視野に立って物事を解決する力が求められています。フレッシュマンコースで習得した知識や様々な考え方,そして異分野の仲間とのネットワークは,そのための確かな財産となる筈です。ぜひ,フレッシュマンコースの各セッションに真剣に取り組み,そして楽しんでください。

当日,皆さんにオンラインでお会いできることを楽しみにしています。

総合研究大学院大学 理事・副学長
教育開発センター長
永田 敬

237521842.jpeg

On-line participation オンライン受講について

  • All the classes will be conducted via Zoom.

  • Active participation in all the sessions is required for credit.

  • Please sign in to Zoom with the email address you used when you registered for the Freshman Course.

  • Prepare and use a PC or other device with a high-speed Internet connection that has a webcam (including built-in devices), audio microphone (including built-in devices), speakers or earphones/headphones (including built-in devices). We recommend a PC, as there will be times when you need to write texts in classes.

  • Please find and participate in a quiet environment where you can speak during the calss discussions. (regardless of whether you are in a laboratory or at home).

  • If access to the class is interrupted due to a technical problem with the student's internet connection, we may not be able to provide immediate assistance during the class. If your connection is frequently interrupted, it may be considered as you are not able to fully participate in the class activities, and thus, your grade may not be assessed.

  • For those students who do not have access to a network, or who have difficulty setting up their own network, the university will provide support in setting up the network environment necessary for online courses. For more information, please contact the office in charge of your department.

  • 全授業、Zoom配信で行います。

  • 単位取得には、全セッションに積極的に参加することが必要です。

  • Zoomには、フレッシュマンコース受講申し込み時に使用したメールアドレスでサインインしてください。

  • Webカメラ(端末内蔵を含む)、音声マイク(端末内蔵を含む)、スピーカーもしくはイヤホン・ヘッドホン(端末内蔵を含む)が利用可能で、高速のインターネットに接続されたPC等を用意してください。テキスト入力をする場面もあるため、PCでの参加を推奨します。

  • 発言等ができる静穏な環境で参加してください(研究所、自宅などは問いません)。

  • 受講生側の接続の不具合が原因で、授業へのアクセスが途切れてしまった場合、授業中には支援することができません。接続が頻繁に切れてしまった場合には、授業のアクティビティに十分に参加できなったとみなされ成績が評価されないことがあります。

  • なお、ネットワークにアクセスする環境が整っていない、あるいは各自で整えることが難しい学生の方には、オンライン受講に必要なネットワーク環境の構築を大学として支援する取組を行っています。支援の詳細については、所属する専攻の担当事務に問い合わせてください。

381844920.jpeg

Registration Guidelines
受講案内

Please access to the registration form at the top of this page and register during the registration
period. For more details, please refer to the registration guidelines below. After registration is complete, you will be able to browse other pages of the website.

受講は、申し込み期間内に本ページ上部の登録フォームにアクセスし登録をしてください。受
講の詳細は、以下の受講案内をご確認ください。登録完了後に、ウェブ上の他のページの閲覧ができるようになります。
icon_drop.png